本文へスキップ

 

  

Japanese Red Cross Society

青少年赤十字の防災教育

これまで青少年赤十字が取り組んできた防災は、自分が助かったことを前提としており、「人を助けるためには、まず自分が生きなければならない」ことを学ぶ必要がありました。 将来起こりうる自然災害に対して未来を担う子どもたちは、災害についての正しい知識を持ち、自ら考えて判断し、危険から身を守る行動をとらなければなりません。青少年赤十字の特徴的な手法である「気づき、考え、実行する」という態度目標を用いた日本赤十字社(以下、日赤)の防災教育は、「人道」の取り組みであるともいえます。 日赤の防災教育は、児童・生徒が主体的に取り組み、知識と行動力を身につけることができるだけでなく、他者への思いやりや優しさ、いのちの大切さを学び取る力を育む内容になっています。青少年赤十字の特徴的な手法である「気づき、考え、実行する」という態度目標を用いた日本赤十字社(以下、日赤)の防災教育は、「人道」の取り組みであるともいえます。 日赤は、青少年赤十字の防災教育プログラム『まもるいのち ひろめるぼうさい』を通じて、青少年の健康と安全を守り、学校や地域、家族での防災意識の向上を目指します。

青少年赤十字防災教育プログラム『まもるいのち ひろめるぼうさい』

まもるいのち
自分のいのちを守る力身につけること。

ひろめるぼうさい

学校、地域、家庭に防災を広めることで、防災意識を高め、周りの命を救うこと。いのちの大切さ、思いやる心を育てること。

いのちの大切さを学ぶ

東日本大震災で被災した子どもたちのインタビューや作文、支援活動に携わったボランティアの体験談などを取り上げ、「思いやり、優しさ、いのちの大切さ」を学ぶことができます。
「自然災害の正しい知識」「自ら考え、判断し、危険から身を守る方法」を災害別に学ぶことができます。DVD(映像)とワークシート 児童・生徒が主体的に取り組めるような「気づき、考え、実行する」力をを重視し、コミュニケーション力や想像力などを養うグループワークプログラムとなっております。

『まもるいのち ひろめるぼうさい』教材の内容

学ぶことができる自然災害

・地震災害
・津波災害 風水害(台風、豪雨、雷、竜巻)
・雪害
・火山災害

 

映像教材の仕様

・日本語字幕、副音声を収録 チャプターで選択し、災害別に学ぶことがで
 きます。
・小学生用(1-3年生)と(4-6年生)はアニメキャラクターが内容を紹介
・小学生用(4・6年生)と中学生用・高校生用は、ジャーナリスト・池上
 彰さんの解説と女優・伊藤歩さんのナビゲーションを収録