本文へスキップ

 

  

Japanese Red Cross Society

紀伊半島大水害救護活動記録detail

救援物資の配分

被災8町村の被災者へ救援物資を配布しました。
 毛布:1,225枚
 安眠セット(マット、枕、アイマスク、耳栓等):930セット

区 分 五條市 吉野町 下市町 黒滝村 天川村 川上村 野迫川村 十津川村
毛 布 340枚 20枚 50枚 164枚 220枚 41枚 - 390枚
安眠セット 450セット - - - - - 100セット 380セット

義援金の募集結果

受付期間:平成23年9月8日(木)〜平成23年10月31日(月)
受付金額:384,957,396円 (7,971件)
     ※募集団体別の内訳は次のとおり。   

区 分 件 数 受付金額
奈良県 990件 188,054,225円
日本赤十字社奈良県支部 5,168件 147,824,815円
共同募金会 1,759件 48,756,528円
NHK奈良放送局 54件 321,828円
7,971件 384,957,396円

義援金の配分結果

区 分 被災市町村への送金額
第1次 第2次
桜井市 - 1,250,000 - 1,250,000
五條市 28,000,000 78,250,000 13,855,563 120,105,563
吉野町 - 500,000 - 500,000
黒滝村 2,900,000 4,850,000 1,010,641 8,760,641
天川村 28,700,000 52,550,000 10,595,430 91,845,430
野迫川村 3,600,000 19,400,000 2,999,322 25,999,322
十津川村 39,300,000 81,450,000 15,746,440 136,496,440
102,500,000 238,250,000 44,207,396 384,957,396

災害直後の奉仕団の活動

各地域奉仕団では、義援金の募金活動を行ないました。
香芝市・五條市赤十字奉仕団は、避難所に於いて炊き出しを行ないました。
安全法指導奉仕団・無線救護赤十字奉仕団は、救援物資の配布や支部業務の支援を行いました。

野迫川村復興住宅入居者との交流会

野迫川村 平成23年の紀伊半島大水害で大きな被害を受け、仮設住宅でお暮らしの方々に対して、奉仕団として何かできることはないかと考え、野迫川村の仮設住宅を訪問し、交流会を実施しました。
 実施期間 平成25年11月15日(金)
 実施場所 野迫川村上垣内生活改善センター
【 内容 】
 ・地域奉仕団が準備した昼食をいただきながらの懇談
 ・看護奉仕団による健康チェック
 ・賛助奉仕団による腹話術

十津川村復興住宅入居者との交流会

仮設住宅から復興支援住宅に移られるなど復興に一区切りついたことを機に、赤十字奉仕団奈良県支部委員会として十津川村を訪問し、ふれあい交流会を実施しました。
 実施期間 平成26年6月15日(日)
 実施場所 十津川村特別養護老人ホーム 高森の郷
【 内容 】
 ・賛助奉仕団による空き缶で作った楽器演奏、紙芝居(良弁杉)
 ・防災ボランティア(鍼灸師)による施術(6名)
 ・防災ボランティアによる剣術の演技
 ・地域奉仕団による傾聴