本文へスキップ

 

  

Japanese Red Cross Society

東日本大震災活動記録detail

奈良県支部として東日本大震災の救護活動等を実施した主な内容は、次のとおりです。

救護班の派遣

県立3病院の協力を得て、岩手県野田村に医療救護班を派遣し、避難所での救護活動や巡回診療等を2週間行ないました。
 第1班:H23.3.12〜17 奈良県立三室病院(現:県西和医療センター:7名)
 第2班:H23.3.17〜21 奈良県立奈良病院(現:県総合医療センター:7名)
 第3班:H23.3.21〜25 奈良県立五條病院( 6名)

こころのケア活動

精神的なダメージ、心身の疲労、避難生活のストレス軽減などのため、岩手県山田町に職員を派遣しました。
 H23.4.12〜16:1名

「健康教室」の開催支援

福島県支部主催「赤十字にこにこ健康教室」の支援要員として支部職員を派遣しました。
 H24.9.10〜9.11:2名

サマーキャンプ2012 in クロスヴィレッジ開催支援

北海道留寿都村で開催さいたサマーキャンプにスタッフを派遣した。
 H24.8.10〜14 H24.8.16〜20:青少年赤十字指導者(延べ 2名)
 H24.7.26〜30、H24.8.10〜14:青年奉仕団(延べ3名)

ボランティア活動

支部登録防災ボランティアを宮城県 に派遣した。 計7名
 第1次:H23.3.29〜4.10 3名(ボランティアリーダ)
 第2次:H23.4. 2〜4.7  1名
 第3次:H23.4.27〜5.6   3名(ボランティアリーダ)

救援物資の配分

被災2県(岩手・宮城県)に対し、救援物資を移送
 毛布:1,500枚
 緊急セット(携帯ラジオ、懐中電灯等):876セット
 安眠セット(マット、枕、アイマスク、耳栓等):250セット

血液製剤の供給

被災3県(岩手・宮城・福島)に対し、 血液製剤(400cc)の提供
  H23.4:96本 、 H23.5:24本。

石巻赤十字病院等の支援

H23.3.30〜4.4 :石巻赤十字病院事務補助員として 血液センター職員1名を派遣した。
H23.4.3〜4.7:宮城県血液センターの血液供給要員の応援として、血液センター職員1名を派遣した 。

東日本大震災義援金の受付

日本赤十字社(全体)はこちら  >>>
日本赤十字社奈良県支部 受付分はこちら   >>> 

活動写真集

活動写真はこちら   >>>