本文へスキップ

 

  

Japanese Red Cross Society

赤十字ボランティアdetail

日本赤十字社の活動は、赤十字の人道博愛の精神のもとに、人道的な使命に 賛同する多くのボランティアによって支えられています。
現在、奈良県支部でも次の奉仕団が活動しています。

地域赤十字奉仕団

”赤十字のボランティア活動を通じて、地域社会を住みよくしよう”とする 人々の集まりで、年齢や性別を問わず、各市町村の地域ごとに組織されてお り、それぞれの地域で活動を計画し、様々な奉仕活動を行っています。

無線・救護赤十字奉仕団

アマチュア無線の有資格者で組織されており、昭和47年に発足しました。 主に災害時での情報収集・伝達や様々な行事に救護要員として参加し、その技能を発揮しています。

安全法指導赤十字奉仕団

救急法等講習指導員資格を有する人たちで組織されており、昭和52年に発足しました。県内各地で開催される講習会の指導に当たっています。
また、災害時における要支援者などへの対応の講習も行っております。

看護赤十字奉仕団

看護師の資格を有し、知識・技術を活かして地域社会に貢献しようとする人たちが集い、各種の公的団体が実施する行事等で、臨時・付添救護活動に協力しています。

青年赤十字奉仕団

勤労青年や学生により組織され、赤十字思想の普及、献血の推進、募金活動の実施等、赤十字事業推進のために積極的にボランティア活動を行っています。 奈良県青年赤十字奉仕団、近畿大学農学部赤十字奉仕団、奈良大学学生赤十字奉仕団で連絡協議会を組織しています。

→詳しくはこちらをご覧ください。

青少年赤十字賛助奉仕団

退職された青少年赤十字指導者で組織され、青少年赤十字を側面から支えてい ます。会報の発行、トレーニング・センターの応援、ブロック研修会への参加、 青少年赤十字への加盟促進などを行っています。